新規サイトオープンしました!

日本の農業に未来はあるのでしょうか ?

進む高齢化と耕作放棄地の増加

深刻化な後継者不足で2030年の農業人口は1/3に

低い食料自給率と干ばつや洪水による世界的食料危機

日本の農業は持続可能なのでしょうか。

次の世代に、持続可能な農業を

株式会社グリーンSDGsアグリファームは
農薬も化学肥料も使用しない
持続可能な農業法人として設立されました。

「人にも地球にもやさしい農業」

新しい農業の形を、私たちと一緒に作りませんか?

持続可能な農業

平均年齢70歳、後継者不足を背景に
日本農業は持続可能なのでしょうか

高循環型農業の実現

健康に必要な成分を兼ね備えた
最高品質の野菜生産を目指して

「高品質野菜生産」の実現

茨城県守谷市、つくばみらい市で
10年で200haの高品質野菜生産を

30年の歳月をかけた栽培技術

持続可能な自然素材と新農法開発
「玄米アミノ酸微生物農法」

もっとも栽培が難しい作物

農薬も除草剤も化学肥料も使用せず
全国各地での試験栽培が完了

なぜ「にんにく」と「生姜」?

世界的に急増する天災と疫病に備え
「免疫力の高い作物」栽培が必須

トレーサビリティの最大活用

バイヤー様自身で栽培状況を確認可能
オンラインでのリアルタイム生育確認

会員登録バイヤー様特典

栽培情報の自動発信、生産野菜の試食会
無料のオンラインセミナー、ほ場見学会

受託生産と契約栽培の違い

独自農法ならではの「最高品質」が前提
無農薬、無化学肥料栽培による差別化戦略

玄米アミノ酸微生物農法により
仕事量と栽培コスト削減のだけでなく
品質と収量の大幅アップを実現

「農業を儲かる、夢ある仕事に変えたい」
玄米アミノ酸微生物農法 創始者 - 神保 信一

グリーンSDGsアグリファーム

TEL:054-270-5262

E-mail:info@greensdgs.farm

営業時間:9:00 - 17:00