新規サイトオープンしました!

- 日本の食料自給率:37% -
免疫力の高い作物の必要性

豊かな日本の食卓

食料自給率37%でも日本の食卓はとても豊かです。でもこの豊かさは続くのでしょうか。借金大国で円安が少しずつ進行しています。異常気象も増しています。「人新世」と言われるように、人間の活動が地球に与える影響が無視できない時代になってきました。食品に関係するバイヤー様の苦労とストレスは大変なものになるのではと心配されるほどです。

日本は人口減少、世界は人口増加

食料需要も右肩上がりです。しかしその食料が供給されるのかどうかはわかりません。そして人間の免疫力も現在の状態が維持できるかどうかも疑問です。その中でコロナウイルスよりもさらに強い感染症がいつ発生するかわかりません。このまま温暖化が進行すれば、日本国内でマラリアも考え得るのです。そうすると 「免疫力の高い作物」はどうしても必要になります。それを考えて、高品質の 「にんにく」「生姜」の栽培を考えたのです。

時代とともにマーケットニーズも変化

「人新世」は避けては通れないテーマになっていきます。時代も変化してマーケットニーズも変化していくということです。その時に食品に関係されるバイヤー様は変化に対応できるのでしょうか。市場に出荷される作物に変化対応した作物を見つけ出すことは可能でしょうか。もちろん、食品に関係される バイヤー様だけでなく、調理に関係されるシェフ様も同じテーマに直面することになります。

玄米アミノ酸微生物農法は異常気象と温暖化の進行も考慮。
その中でも無農薬、無化学肥料の栽培が可能になるように開発されたものです。