新規サイトオープンしました!

- 30年の歳月をかけて完成させた栽培技術 -
玄米アミノ酸微生物農法

持続可能な自然素材

現在、慣行農法で使用されている農薬、化学肥料、マルチ、除草剤などを使用せずに作物の栽培をすることは簡単ではありません。新しい資材の開発が必要だからです。そして開発された資材の効果が検証されなくてはなりません。新しい資材は持続可能な自然素材でなければ意味のないことです。

資材を開発し、新しい農法を開発

30年の歳月をかけて資材を開発し、新しい農法を開発しました。「玄米アミノ酸微生物農法」です。化学物質をほとんど使用しない自然農法に近いものです。そのために開発した資材は全国の生産者に使用していただきました。 その数、5万人前後にもなります。 

予想をはるかに超える結果

その結果は予想以上のものでした。その違いは食べてすぐにわかるだけではありません。生産者が使ってもすぐに驚きの結果が出せるのです。全くの農業初心者が初年度から最高品質の野菜が栽培できるのです。

本当に実現可能なのか

これまでに(株)グリーンSDGsアグリファームのビジョンをお伝えしました。これに目を通された方は「理想はいいができるのか」と半信半疑だったと思います。実は栽培技術はすでに完成しているのです。それも全国で農地に関係なく、作物に関係なく結果が出ています。これはこれまでの農業では非常識な世界なのです。

玄米アミノ酸微生物農法は
農業をイノベーションして新しい世界を開いたのです。